金魚は風水で「金運アップ」の縁起物!運気を上げる飼い方を紹介!

最近、金魚を使った「アートアクアリウム」が人気のイベントで、金魚に癒され魅せられたという方も多いかも知れませんが、自分も金魚を飼ってみようと考えているなら風水的に金運がアップする金魚の飼い方がありますので、ご参考になさって、癒されたうえに金運アップになるようにしてみてはいかがでしょうか?

もともと風水では、金運アップのために「家族みんなが集まる部屋に丸い金魚鉢を置いて、六匹の黒い金魚(風水の魚)を飼う。」というのがあります。

四角い部屋に丸いものを置くと「気」の流れを良くしてくれて、「黒い金魚」が金を集めて、「六」も、金運上昇数を意味しますので六匹飼うのが良いというわけです。

中国で金魚は「金余(お金が余る事)」や「金如(金の如く)」と同じ発音をしている事から、金運アップのシンボルとして人気です。

運気を上げる金魚の飼い方

金魚を飼育するには水がいりますが、風水において「水」は金運や財運ととても関わりが深いです。そのため、水を入れる金魚鉢、つまり水槽にも気を配らなければいけません。

「水」は金運・財運を運んでくる

風水は、「陰陽五行説」という、自然界にあるすべてのものは木・火・土・金・水という五行のいずれかに属し、陰または陽の性質をもつという考え方を基本としています。

五行はお互いに何らかの形で関わる相関関係にあり、影響しあっているのですが、財運の象徴である金は土から生まれ、水と交わると増えるという性質があります。金魚は水をたっぷりたたえた水槽の中で飼育するわけですから、まさに金運アップにぴったりというわけです。

風水では動きのない水は腐るので嫌われ、動きのある「活水」のほうが金運に良いとされています。ですから、水槽に水を入れておくだけではだめで、金魚を飼育することにより水に適度な動きが生まれ金運アップに繋がります。

特に金魚の動きは緩やかで、水の動きも適度にゆったりと動くので、安定した財運を示唆します。宝くじが当たるとか、商売が大繁盛するというような一攫千金のような財運ではなく、大きな波のない安定した財運が少しづつ上昇するイメージで上がります。

ただし、ここで注意することは、金魚鉢の大きさです。

あまり大きいサイズの水槽は運気アップの妨げになってしまうので注意が必要です。水の入る量で言ったら20リットルまでにしてください。それ以上だと返って運気を下げることがあります。

  1. 動きのある水「活水」で飼育する
  2. 大きすぎる水槽で飼わない

以上に注意しましょう

金運アップに適した金魚の色と数とは?

金魚と水は金運アップに最適な組み合わせですが、さらに高い効果を期待するなら、金魚の色や数にも気を配りましょう。

白色と黒色がおすすめ!赤い金魚は選ばない

金魚といえば赤でしょう?とお考えでしょうが、金運アップのために金魚を飼うというのなら赤い金魚は避けましょう。

理由は、風水では赤は火を表していて、お金を燃やしてしまう相性の悪い色とされているからです。
赤の金魚を飼いたかった方には残念ですが、風水でのおすすめの金魚の色は、白色と黒色の2色となります。黒い出目金もかわいいですよ。

白は「金」を現し、黒は「水」を現しており、金運との相性は抜群となります。

金運アップにぴったりの金魚の数は1匹か6匹か7匹

金運を呼び込む金魚は多ければ多いほどいいと思われるかもしれませんが、飼育する数も五行に合わせるのがベストです。

陰陽五行説と1から9までの数字が入った「九星」を組み合わせると、金運アップにつながるのは水と金なので、水に相性の良い数字は1で、金に相性の良い数字は6と7です。

ですから、飼うなら1匹か6匹か7匹となるわけです。逆に土は水を汚すことから、土と相性の良い数字の2・5・8は金運的には避けた方が良い数字です。

6匹飼っていたが1匹死んでしまったとなったら1匹足してください。

白色の金魚を6匹、黒色の金魚を1匹といった組み合わせにすると金運バランスの良い水槽になるでしょう。

なお、黒色は悪い気を吸収してくれる色とも言われているので、もし黒色の金魚が先に死んでしまったらまた黒の金魚を飼ってバランスを取るようにしてください。

  1. 金魚を飼うなら1匹・6匹・7匹が良い
  2. 白い金魚を6匹、黒い金魚1匹がバランスが良い

金運アップのために金魚を飼うなら注意すべきことは?

金運を上げる金魚の飼い方の注意点を紹介します。

1.観葉植物を金魚鉢の側に置いて悪い気を浄化させる

金魚鉢の近くに観葉植物を置くことで、水の悪い気を吸い取り、常に良い気のみを循環させられるようになります。

金魚と水の組み合わせだけでも金運上昇の効果は期待できるのですが、さらなる運気上昇が期待できます。近頃では水槽の中で観葉植物を成育させるアクアテラリウムやビオトープなどが流行っています。これも風水の観点からする運気アップに繋がります。

2.「財方」に金魚鉢を置いて金運を貯め込む

財方とは、文字通り財運に関係する方角の事で、玄関の向きによって変わります。

風水では、運気は風に乗って流れ、水によって留まると言われているため、財方に金魚鉢を置くことによって、金運を留めることが出来るので、金魚鉢を置く場所が重要となります。

玄関が北もしくは北東・・・金魚鉢の置く場所は、東か西南になります

このほか

  • 東向き・・・北か西南
  • 東南向き・・・東か西南。
  • 南向き・・・東南。
  • 西南向き・・・西
  • 西向き・・・北か東南
  • 西北向き・・・北か南。

となります。

3.金魚鉢は寝室、キッチンに置いてはいけない

金魚鉢は財方に置くと良い言っても、寝室やキッチンに置いてはいけません。

寝室は、「陰」にあたる睡眠と「陽」にあたる水は相性が悪いので、良質な睡眠を妨げてしまうことがあるからです。またキッチンも、もともと相反する「火」と「水」の気が混在する難しい場所ですので、さらに水を象徴する金魚鉢を置くと気が乱れますから避けたほうがよいでしょう。

4.少しだけ太陽光をプラスするとさらに運気があがります!

太陽の光は運気アップのシンボルなので風水的にも太陽光を取り入れることは大事です。

しかし太陽光があまり入ると水温が上がって金魚が弱ってしまうこともありますので、少しだけ太陽光を取り入れてあげましょう。

5.水は常にきれいに保つ

きれいな水は良い運気を貯め込んでくれるのですが、逆に淀んだ水は汚れて腐敗し悪い気を呼び寄せてしまいます。

金魚は生き物ですから、水の中で排泄もします。金魚鉢の水は汚れて濁りやすいので、こまめに水を取り替え、常にきれいな状態を保てるようにしなければなりません。

だからと言って、水道水をすぐに水槽に入れてしまうのも金魚には毒で、バケツなどに1日汲み置きした水と交換しなければなりません。定期的に金魚鉢の内部も掃除しないと、苔が付いたりもします。掃除する作業自体も金運アップに良いことです。

清浄な環境を整えておくことはさらに金運アップに効果的となります。

金魚を飼うということは、金運アップにもなって癒しにもなるのでありがたいですが、きちんと扱わないと逆に運気を下げる原因になってしまいます。
また、金魚は生き物ですので、命の尊さも感じながら、金運アップの御利益をいただいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です