【2020年】おせち料理で新年を祝おう!

絹(繭)は縁起が良い。

絹というこの不思議な織物。カイコという虫が紡いで作った繭から糸を作り、それを使用して作られた繊維。そのような繊維は他にはありません。そして、その織物が世界中に渡り、数々の大富豪を産み、今の時代にもまだその繊維は特別な物として扱われています。

絹の歴史

絹の生産は紀元前3000年頃の中国で始まっていたといいます。伝説によれば黄帝の后・西陵氏が絹と織物の製法を築いたとされ、一説には紀元前6000年頃ともされています。少なくとも前漢の時代には蚕室での温育法や蚕卵の保管方法が確立されていたようで、現在の四川省では有名な「蜀錦(中国語版)」の生産が始められていたといいます。6世紀半ば、北魏の『斉民要術』によれば現在の養蚕原理がほとんど確立していた事が判明しています。また、北宋時代には公的需要の高まりに伴って両税法が銭納から絹納へと実質切り替えられ(1000年)、以後農村部でも生産が盛んに行われていました。
中国では古くから養蚕技術の国外への持ち出しは固く禁じられていて、特に秦による中国統一(紀元前221年)以後は統制が強くなったと考えられています。また、2週間足らずで孵化してしまう種(卵)の運搬や餌となる桑の調達などの問題もあって、長い間、養蚕技術は中国大陸の外へ出ることはありませんでした。他の地域では絹の製法が分からず、非常に古い時代から絹は中国から陸路でも海路でもインド、ペルシア方面に輸出されていた。これがシルクロード(絹の道)の始まりです。

日本の絹の歴史

日本にはすでに弥生時代に絹の製法は伝わっていたともいわれていますが、『古事記』・『日本書紀』にも蚕が登場してくることから、この2つが編纂された7世紀の段階で養蚕が既に当時の日本国家にとって重要な産業になっていたと考えられています。なお、蚕は『古事記』下巻の仁徳天皇記にも再び登場し、
韓人(百済からの帰化人)奴理能美(ぬりのみ)が飼育していた「一度は這(は)う虫になり、一度は鼓になり、一度は飛ぶ鳥になる奇しい虫」(蚕)を皇后磐之媛命に献上するという逸話があるのですが、同じような話が、こちらは三代実録(日本の平安時代に編纂された歴史書)によれば、仲哀天皇4年(195年)に秦の始皇11代の孫功満王(こまおう)が渡来して日本に住みつき、珍しい宝物である蚕(かいこ)の卵を奉献したとされ、豊浦宮(現在の忌宮神社)が蚕種渡来の地とされています。今でも、忌宮神社では毎年3月28日に、蚕種祭が行われ、生糸つむぎと機織りの実演が披露されています。
律令制では納税のための絹織物の生産が盛んになりましたが、品質は中国絹にはるかに及ばず、また戦乱のために生産そのものが衰退しました。このため日本の上流階級は常に中国絹を珍重し、これが日中貿易の原動力となっていました。鎖国後も中国絹が必要だったため、長崎には中国商船の来航が認められており、国内商人には糸割符が導入されていました。
長年の衰退の影響で日本国内産の蚕は品質には劣悪なものが多く、西陣や博多などの主要絹織物産地では長い間中国絹が原材料として用いられていました。鎖国が行われ始めた寛永年間から品質改良が進められ、幕府は蚕種確保のため、代表的な産地であった旧結城藩領を天領化し、次い陸奥国伊達郡に生産拠点を設けて蚕種の独占販売を試みました。しかしこれに対して仙台藩、尾張藩、加賀藩といった大藩や、上野国や信濃国の小藩などが幕府からの圧力にも屈せず、養蚕や絹織物産業に力を入れ、徐々に地方においても生糸や絹織物の産地が形成されていきました。そしてこの結果、貞享年間(1685年)には初めて江戸幕府による輸入規制が行われました。更に同幕府の8代将軍徳川吉宗は貿易赤字是正のため、天領、諸藩を問わずに生産を奨励し、江戸時代中期には日本絹は中国絹と遜色がなくない高品質となりました。このため、幕末の開港後は絹が日本の重要な輸出品となったのです。
1909年、日本の生糸生産量は清を上回り、世界最高となり、 生糸は明治、大正と日本の主要な外貨獲得源でありましたが、1929年以降の世界恐慌では、世界的に生糸価格が暴落し、東北地方などを中心に農村の不況が深刻化しました(農業恐慌)。
その後、世界的に化学繊維が普及し、日本での絹の生産は衰退し、市場に提供する絹糸を製造する製糸会社は、国内では2社のみとなってしまいました。
現代では、繊維としての利用ではなく、養蚕の長い歴史から生態が熟知されているため、医療として、インターフェロンの製造などで使われています。

絹の衣に包まれると

このように、長い歴史を経て、世界中で愛され、位の高い人の正装には必ずといって良いほど使用される「絹」は、衣類にはもちろんの事、高貴な人の持ち物にも、絹は幅広く使用されてきました。
もちろん高価で美しいということも理由ですが、絹織物に包まれるということは、繭に包まれるということで、その後、羽の生えたまったく違うものに変化して飛んでいくという縁起のよさが好まれたようです。

繭玉

小正月または2月初午 (はつうま) の日に飾る餅花の一種で、米の粉または餅を繭のように丸めて,柳,梅,桑,榎 (えのき) などの枝につけ,床の間や柱などに飾る。農作物の豊作を予祝する餅花が,養蚕と結びついて生れた農村の習俗で,蚕の成長と同時に農作物の順調な生育を祈願するという縁起物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です